読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックレ速報

ブラック企業・ブラックバイトを渡り歩いてバックレすること幾星霜ここにバックラーの意地をみせる!

退職する方法

f:id:mondamin1:20150111113319j:plain

バックレではなく、退職方法について知りたいのであれば
右サイドバーにある「リンク」を参照してくれ。

常識的に退職する

おおざっぱな会社であれば「バイトやめたいしくヨロ」だけでOKだ。
しかし、契約社員や大手企業の子会社となると難易度が高くなる。
正社員であればマシマシだ。ラーメンは飲み物。

退職届けを書くながれになるだろう。

 

会社によっては決まった形式があるので、必ず確かめよう。
勝手に退職届を書いて送付し、勝手に逃亡するのは卑怯者だ。
正々堂々バックレるか手続きを踏むのかどっちかにしようず。

 

退職届の書き方・送付の仕方は以下を参照。

退職届の書き方 (パート,アルバイト編) | OutlookShare

 

バイトは2週間前・正社員は1ヶ月前

よく言われる退職までの期限。
アルバイト身分なら2週間前は法律面で当然。
しかし、正社員は引継ぎのため1ヶ月は必要だと言う。
警備の堅い会社を辞めるときは大変だろう。

ひとり抜けるとしてもパスワード変更だけで大慌てだ。

しかし、できるだけ短い期間で辞めたいのが心情。

そこでひとつの隠し技があるそうだ。

年休を使って期間を短くする方法だ。

引継ぎもシフトも問題ないのにダラダラ出勤するのが

おっくうな人は是非つかってもらいたい。

年休はバイトでも使えるので安心していい。


アルバイトにもある有給休暇 | 労働基準法違反を許すな!労働者

バックレ万歳

バックレしたいときには

選ばれしバックラー候補生は聖典とも呼べる

★バックレますた(・∀・)★スレテンプレ - 転職板まとめwiki

を読み込むこと。

 

 

勇気を貰いたいときやバックラーと情報交換をしたいときには
2chのアルバイト板バックレスレをのぞいてみるとみなぎるぞ。

バックレますた【バックレ日和】Part139 (c)2ch.net

 

バックレたあとの開放感を得るためにわざわざバイトする
やつらがいる潜むスレだ。きをつけろぉ。

 

バックレ過ぎに注意!

同じ県において同じ業界でバックレしまくると

私みたいに目を付けられる場合があるので注意が必要だ。

昔とはうってかわってくそみたいな派遣会社でも他社とのネットワークが
できている。大手ならなおさらだ。大卒でバイト経験も浅い奴が
面談担当になっているんだ。そのような奴らでさえ書面をみて
こちらのバックレ歴を把握している。

ここまでひどくなるにはバックラー階級が高い者でないと無理だが、
いまは初心者でもこの段階に陥るものが少なくない。

時代は変ったのだ。

中堅バックラーの私も時代の流れをかんじる。

勇気がでないとき、なかなか辞めさせてくれないときには

こういう業者を使う方法もある。

電話代行の便利屋stupchiba

実を言うと私は2回依頼させてもらって非常に助かった経験がある。
バックレがどうしても難しいときがあったからだ。

縁故採用とか無理いって就かせてもらっとかそんな感じ。

 

上司によってはなかなか辞めさせてくれない。
でも家族に頼れない。
そのようなときには利用できるだろ。

男女問わず、スタッフの年代を指定できるのは
ここだけだからだ。

訂正 最近は代行業者が増えてきているのか年代指定できる
ところも増えてきた。

 

たとえば父・母に成りすまして退職電話をかけるのもありだろう。

コツとしては叔父とか採用が決まった会社の担当者役を希望すること。
身近ではばれる可能性があるからだ。

自分で言っては効果がないが、他人から言われると効く。
退職理由はでっちあげよう。

うまくいけばすぐに辞められる。

もし、契約期間内で退職したいときでもうまく利用できれば
退職の流れにもっていける。

 

親戚(叔父)の家業を継ぐことになったが、
叔父が寝込んだ状態。
やばいんで退職したい。
こんな風に言ってくださいとお願いしたらうまくいったことがある。

 

職場の上司からは

「話はおまえの叔母さんから聞いた、退職届を書いてもってくれば認めてやる」
こういうふうに言われた。しめしめ。

私が依頼したときはなかったのだが、専門の部門が立ち上がったようだ。
それだけ需要が増しているということだろう。
反面、バックラーは減少しているのではないだろうか?
若者が真面目になってきているのかもしれない。


上記のリンクも一応専門部門のウェブサイトにつながるようにしておいた。

バックラーになりたくない、でも退職の話をきりだすのが怖い人にはうってつけだろう。

しかし、依頼料金が高い。2万円はどうしてもしてしまう。
細々とした設定をつけたすと料金が増えていく。
お金がある人しか頼めないと思う。

あと、退職届を代筆・代理発送してくれる業者があるが
署名は退職する本人が記さなければ効力が発生しない。

かなり重要な点なのにおざなりになっているので注意だぞ。

 

しかしバックレは無料だ。だからこそ偉大である。

バックラーに力(フォース)が共にあらんことを。